慣れない車を運転するコツ

普段、自家用車に乗っていると、別の車に乗った時に違和感のようなものを感じてしまいます。だからレンタカーを乗ると、いつものように上手く運転ができなくなる人もおります。やはり慣れるまでに時間がかかってしまうのは仕方がありませ。ただ、事前に上手に運転するコツのようなものを知っておけば、幾分かマシにはなります。
そのコツとは、まず車体の大きさを把握することです。普段の車と比べて、横幅や縦幅は長いのか短いのか、それを知っておくだけでも違います。そして車体の高さと、3次元の大きさを頭にいれておくことで、いつもとの違いを少しだけ緩和することができます。
次に、車の機能を一個一個確かめておくことです。ギア、サイドブレーキ、ウィンカー、ワイパー、ヘッドライト、サイドミラー、ハザード、これらの位置を確認し、できれば最初に全部触ってみることです。そうすれば、いざ運転した時に焦らなくても済みます。
慣れない車を運転するためには、まず車の形、そして操作するものをあらかじめイメージとして頭の中に入れておくことが大切です。