借りる時に必要なもの

レンタカーは、店舗に来店して書類を記載するだけで貸してくれるわけではありません。借りるためには必要なものがいくつかあります。もちろん当たり前ですよね。何せ借りるものが、車という数十万、ヘタしたら数百万はするものです。相手も簡単には貸してはくれません。ましてや、車は犯罪に利用されやすいものです。レンタカー屋としても、未然に犯罪防止のために、借りる時のハードルを高くしなければならないのです。

さて、必要なもの、それは一体なんでしょうか。まずは運転免許証です。これは当たり前ですね。なければ運転できませんし、身分を証明する意味でも必須です。最近は免許証にICチップが入っておりますので、より身分を証明する意味合いとして重要です。
そして、クレジットカード、あるいは現金です。お店によっては、あるいは車種によってはクレジットカードのみとなる場合もあります。
そして、メンバーズカードもあれば便利です。次回からの手続きが楽になったり、割引がある場合もあります。
この三つさえ持って行けば、まず問題ないでしょう。

借りるお店と返すお店を決めておく

大手のレンタカー屋であったり、全国展開しているチェーンですと便利なシステムがあります。それは、借りる際の店舗と返却する際の店舗が別であってもよいというものです。普通、レンタルと言えば、借りた所で返すのが常識です。それは車に限らず、例えば大手レンタルチェーンのTSUTAYAやGEOでもそうです。でも、お店によってはそういった制限がないというのです。
その際、気を付けなければならないのは、事前に借りる店舗と返却する店舗を選んでおく必要があります。事前に「ここに返しますよ」と伝えておけばよいだけなのです。

例えば、借りる時は、空港近くで借りて、返す時は家の近所のお店で返却するなんてこともできたりするのです。レンタカーで一番ネックなのが、車を返しに行く時です。ましてや、その店舗から家が遠いと、せっかく車で移動していたのに、帰りは歩きだったり別の交通手段を使わなければならず、面倒です。
今は、ネット環境が整ったことで、全国各地での連携がスピーディーで確実なものになりました。だからこうしたサービスが出てくるのですね。

慣れない車を運転するコツ

普段、自家用車に乗っていると、別の車に乗った時に違和感のようなものを感じてしまいます。だからレンタカーを乗ると、いつものように上手く運転ができなくなる人もおります。やはり慣れるまでに時間がかかってしまうのは仕方がありませ。ただ、事前に上手に運転するコツのようなものを知っておけば、幾分かマシにはなります。
そのコツとは、まず車体の大きさを把握することです。普段の車と比べて、横幅や縦幅は長いのか短いのか、それを知っておくだけでも違います。そして車体の高さと、3次元の大きさを頭にいれておくことで、いつもとの違いを少しだけ緩和することができます。
次に、車の機能を一個一個確かめておくことです。ギア、サイドブレーキ、ウィンカー、ワイパー、ヘッドライト、サイドミラー、ハザード、これらの位置を確認し、できれば最初に全部触ってみることです。そうすれば、いざ運転した時に焦らなくても済みます。
慣れない車を運転するためには、まず車の形、そして操作するものをあらかじめイメージとして頭の中に入れておくことが大切です。

レンタカーに乗る前の注意

レンタカーを借りる際には、いくつか注意しておかなければならないことがあります。特に、乗車する前に済ませておきたい点を紹介します。
まずは保険です。保険の免責をグレードアップするような特約にはできるだけ入っておきましょう。もちろんその分料金は高くなってしまいますが、車は常に事故の可能性を秘めております。いつ何が起きても困らないように保険の準備は万全にしておきたいところです。
そして、出発前には必ず店員さんと一緒に車体をチェックしましょう。特にボディーにキズがついていないかどうかは重要です。最初から付いていたとしても、返却した時にキズを付けたと言われてしまえば、修理費を請求されてしまいます。できれば、写真を撮っておくとより安心できます。
そして、何時から開始で、何時までに返却しなければならないのかの確認です。これを逃してしまうと、返却時間が遅れて延長料金を請求されてしまいます。
どれも、店員さんに確認すればよいだけなので、そこまで大変なことではありません。忘れずに行いましょう。